KINGさんのエントリ

◆日記帳 - KINGさんのエントリ

’09年3月26日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-27 4:20
今日は、昨日までと打って変わってすごく寒い一日でした。

豚舎を見てみると7匹が寄り添って寝ていました。



よくよく見ると昨日愛媛からやって来たうちの小さいほうの背中や耳に掻き傷が一面に見られました。恐らく、日吉ファームの5匹に“いじめ”られたようです。比較的大きいほうは何事もなく悠然としていました。

子豚の世界も人間界と同じく弱い者いじめがあるようです・・・

’09年3月25日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-26 4:00
今日は、早朝3時に起床し、早雲氏と愛媛県まで子豚2匹を受け取りに行きました。

さぁ出発です!
高速道路を使い、4時間の旅程です。今回は1tトラックに木で制作した檻を搭載して行きました。



今回の2匹は、生後83日目の子豚です。比較的スタイルの良い子豚を選びました。


養豚業者のご厚意で糞尿のため、“おが屑”を入れてもらいました。

帰りは!
元来た道を戻りました。何回かサービスエリアで休憩。子豚2匹はおとなしくしていましたが、おが屑は飛んでしまって全くありませんでした。おがくずが軽いことをみんな忘れていたようです


農場に到着!!
また、豚舎に移動させる作業です。今回は檻をトラクターで運ぶことにしました。
檻を豚舎の入口までもっていき、今日は比較的簡単に移動させることに成功しましたー。
先日の日吉ファームの5匹と、今回の愛媛の2匹とは比較的仲良くしていた感じです。
餌は高坂特製のものを7匹で“がっついて”いました。




’09年3月23日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-24 3:50
高坂氏と近くの日吉ファームに、知人の近藤さんの案内で子豚を受け取りに行きました。子豚は檻に入ったままフォークリフトで運ばれてやってきました。

まずは、軽トラのバンに移す作業からです。
このとき、初めて子豚を身近で見ました。可愛い顔をしていますが、こんなに暴れるものとは思いませんでした。軽トラの内部をコンパネで覆い、フォークリフトから直接移すことにしました。
移す際、子豚たちが暴れるは、泣き叫ぶは、もう戦争状態です=3=3。
今でもあの甲高い声は耳に残っています。

急いで農場に連れて帰ります。その間、軽トラの内部では、ストレスのためか2匹がケンカを始めました。もう内部はメチャクチャ。
若干、制限速度をオーバーして運転し、カーブも多かったことで静かになってきました。どうやら子豚たちは車酔いをしたようです。

農場に到着しました。次は子豚を豚舎に入れる作業です。
車から豚舎まで約20メートルの距離です。早雲氏の提案で子豚の首と胴にロープを巻きつけ一気に走って投げ入れることにしました。また、戦争の開始です。
当初、30kgの豚なんか簡単に扱えると誰しもが思っていました。

?しかし?

その激しさたるや想像を遥かに超えていました。あの甲高い声が村中に響き渡るようなものでした。5匹の子豚を移動完了したころにはもうへとへと








一方、豚さんたちは元気

’09年3月22日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-23 3:50
食農王国の仲間で建築業の早雲氏が、技術を生かして豚舎を作ってくれました!

さすが!見事な出来栄えです。
コンパネと単菅だけでできていますが、いかにも丈夫そうです。餌箱も設置し準備完了!!
明日の子豚の到着を待つのみです。

’09年3月18日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-19 3:50
スーパーハウス(管理棟)の設置

 スーパーハウスは、4トントラックで細い農道を慎重に運転しながら運ばれてきました。
設置するのに15度くらいの坂を下りないといけないのですが・・・。
道路の造成は4日前に終わったばかりなので、地盤は弱く、大きなわだちができてしまいました。慎重に水平をとりながら遠隔でオペレートしていきます。

オペレートしているお兄さんは、一見怖そうなのに笑顔の可愛いぃ“クマさん”みたいな人でしたー

設置後、荷台の軽くなったトラックが(後輪駆動なので)坂を登れるかが心配です。

さぁ・・・、トライです!


慎重に登り始めました。


あと1mのところでタイヤが空転し始め、坂をずり落ちていきました・・・


再度挑戦! 今度は勢いをつけて上がっていきました。見事脱出!!
クマさんは笑顔で手を振って帰って行きました・・・



管理棟、設置完了!! これで24時間監視体制が整いましたー☆

’09年3月14日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-15 3:30
整地を開始しました。

大型ユンボ1台と小型ユンボ1台を使っての作業です。大量の土を得るために川底を浚え、山側の水路を確保する為に山を削っては、排出される土をくぼみに埋めていきます。
川底の浚渫作業にもなるので、村の人たちからも喜ばれています。
ユンボのオペレーターのおじさんッ、ご苦労様です!

’09年3月11日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-12 3:20
1週間かけてようやく、草刈りが完了です












大地をしっかり踏みしめ、きれいに刈り込まれた敷地を見渡すと、
「いよいよ!」という感慨がフツフツと・・・沸いてきます。

’09年3月4日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-3-4 3:20
「草刈りDay」。仲間が多数手伝ってくれましたー☆

’09年2月28日の風景

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-2-28 3:10
さぁ!いよいよ、食農王国 牧場の整備です。真に「0からのスタート」と言うに相応しい“開拓”の始まりです

はじめに

カテゴリ : 
食農王国 牧場
執筆 : 
KING 2009-2-10 2:50
 「北丹波農園」高坂英樹氏の指導により、篠山市桑原でシイタケと野菜の栽培を行いながら「食農王国 牧場」を経営して参ります。
 牧場の広さは約2000坪。丹波篠山の休耕田を利用して牧場を作りました。周りには小さな小川が流れ、松茸山や栗林に囲まれ、山間には鶯が鳴く、のどかな田舎です。
今後牧場では、豚7匹、羊2匹、和牛2頭、馬2頭を飼育する予定です。

 当牧場のコンセプトとして、
食の『安心・安全・高品質』を追及していきます。その過程をブログにて、ウソ偽りなくありのままの姿を皆さんに報告し、私達が考える『安心・安全・高品質』を訴えていきたいと思っております。

 さあ、まずは牧場の整備から始めます。皆さんも牧場整備の進捗状況から見守って下さい。

繋がり

連絡先

サイト管理者

KING

SYDE
 


ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失